ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

豊崎タウン

更新日:2020年09月09日

 

豊見城市地先に総面積160haの壮大なスケールで誕生した”21世紀型の街”豊崎タウンは、恵まれた自然環境の中に、観光・リゾート施設、観光関連の商業施設など各種事業所が調和した新しい街づくりを進めています。

また、近年、沖縄県の空の玄関口那覇空港及び中北部への交通アクセスが向上し、海岸部には県内最大級の人工ビーチ「美らSUNビーチ」がオープンするなど、日々発展を続ける立地特性に優れた街です。

豊崎タウンは、「住み、働き、そして遊び集う街」をコンセプトに、住むエリア、働くエリア、遊ぶエリアにゾーンプランニングがなされており、街づくりが進められています。

住むエリアは、一戸建て住宅用地と集合住宅用地に区分けされており、公園も整備されています。

働くエリアは、都市開発関連用地(事業所用地、製造・物流用地)、臨空港産業用地(観光関連用地)、商業施設用地に区分けされており、企業誘致の取り組みで、多種多様な企業の立地が進んでいます。

遊ぶエリアに整備されているビーチからは、晴れた日には慶良間諸島を一望することができ、水平線に沈む夕日を楽しむことが出来ます。また、護岸沿いを緑地として整備しており、散歩やジョギングが楽しめる場所もあります。

 

豊崎・美らSUNビーチホームページ:http://churasun-beach.com/

このページは産業振興課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-5876   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

ページのトップへ