市長活動ギャラリー


 

新型コロナウイルスワクチン接種に係る協力について沖縄県へ要請(2021年6月3日)

 6月3日、沖縄県庁にて、山川市長が新型コロナワクチン接種に係る協力について沖縄県へ要請を行いました。接種会場における医療従事者等の不足が想定されるため、医師・看護師の確保に関する支援についての要請内容となっています。
 引き続き、ワクチン接種の加速化に向け、取り組んで参ります。
 

オリオンビール「WATTAキーツマンゴー」記者発表会(2021年6月3日)

 6月3日、市役所において、『オリオンビール「WATTAキーツマンゴー」記者発表会』が行われ、山川市長、オリオンビール(株)早瀬社長、JAおきなわ豊見城支店 金城支店長、(有)ダイユウ産業 友寄代表が出席し、新商品がお披露目されました。
 オリオンビール(株)より新発売される「オリオンWATTAキーツマンゴー」は、キーツマンゴー特有の濃厚な甘みを活かしつつ、バランスの良いコクが感じられるフレーバーとなっています。また、全て本市のキーツマンゴーを使用するとともに、フードロス削減のため、廃棄予定だった果実を使用しており、SDGsにも関連しています。
 本商品は、6月22日より販売予定。本市のふるさと納税サイトで返礼品としても掲載されています。  
 

嘉数地区コミュニティ供用施設建築工事 安全祈願祭(2021年6月1日)

 6月1日、嘉数地内において、『嘉数地区コミュニティ供用施設建築工事 安全祈願祭』が行われ、山川市長ら関係者が出席しました。 昭和43年に建設された嘉数公民館は、長い年月により老朽化していたため、今回、沖縄防衛局のコミュニティ供用施設整備事業により、地域活性化や防災活動の拠点となる嘉数地区コミュニティ供用施設として新たに建設されます。
 

こども未来基金寄附金贈呈式(2021年5月31日)

 市役所において『こども未来基金寄附金贈呈式』が行われ、協同組合とよみ水道管理センター(上原代表理事)様より豊見城市こども未来基金へ寄附金の贈呈がありました。 寄附金は、親と子が健やかに暮らすことができる切れ目のない子育て支援施策の充実を図るためために活用されます。協同組合とよみ水道管理センター様ありがとうございました。
 

DPL沖縄豊見城Ⅱ新築工事地鎮祭(2021年5月31日)

 与根シーサイド土地区画整理事業地である本市字与根に立地するDPL沖縄豊見城Ⅱの新築工事地鎮祭が行われ、山川市長が出席し、祝辞を述べました。 DPL沖縄豊見城Ⅱは、先に建設が始まったDPL沖縄豊見城と合わせた延べ床面積が沖縄コンベンションセンターの約6個分の約12.3万平米となり、県内最大の物流施設となります。
 

こども未来基金寄附金贈呈式(2021年5月27日)

 5月27日、市役所において『こども未来基金寄附金贈呈式』が行われ、赤嶺義秀様より豊見城市こども未来基金へ寄附金の贈呈がありました。 寄附金は、親と子が健やかに暮らすことができる切れ目のない子育て支援施策の充実を図るためために活用されます。赤嶺義秀様ありがとうございました。
 

こども未来基金寄附金贈呈式(2021年5月27日)

 5月27日、市役所において『こども未来基金寄附金贈呈式』が行われ、(株)ライフコーポレーション(金城秀人代表取締役)より豊見城市こども未来基金へ寄附金の贈呈がありました。 寄附金は、親と子が健やかに暮らすことができる切れ目のない子育て支援施策の充実を図るためために活用されます。 (株)ライフコーポレーション様ありがとうございました。
 

子ども遊び場危険箇所点検報告(2021年5月17日)

 5月17日、市役所において、『2021年(令和3年度)子ども遊び場危険箇所点検報告』が行われました。市民生委員・児童委員(川井会長)が、子ども達が安全で健全な遊びができるよう、子ども遊び場危険箇所の点検を実施し、山川市長へその結果報告を行いました。
 

豊見城市におけるこどもの貧困対策に関する協定締結式(2021年5月11日)

 5月11日、市役所において、『豊見城市におけるこどもの貧困対策に関する協定締結式』が執り行われ、豊見城市(山川市長)と日本郵便株式会社沖縄支社(久田支社長)及び市社会福祉協議会(運天会長)の3者で、こどもの貧困対策としてそれぞれが有する人的・物的資源を有効に活用し、こどもの居場所への食品の支援(フードドライブ)を行うことを目的として協定を締結しました。
 「フードドライブ」とは、家庭で使いきれず保管したままになっている食べ物等を学校や職場などに持ち寄りそれをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄附する活動で、今回の締結により、市内の郵便局に「フードボックス」設置、地域住民から食料を持ち寄っていただき、子どもの居場所等へ寄附を行います。また、本市は、うるま市、沖縄市、宮古島市、名護市、浦添市に続き、県内で6例目となるフードドライブを実施している自治体となります。
 

豊見城市地域再生計画基金寄附金贈呈式(2021年5月7日)

 5月7日、市役所において、(有)ひめゆり農園(野原朝道農園長)より豊見城市地域再生計画基金へ寄附金の贈呈がありました。 今回の寄附金は、本市の産業振興に寄与するような人財、世界に羽ばたく人材になるための特色ある人材育成を行う「豊見城市ワク・ドキこども未来プロジェクト」を推進するために活用されます。
 (有)ひめゆり農園様、ありがとうございました。  
 

子ども未来基金寄附金贈呈に伴う市長表敬(2021年5月7日)

 5月7日、市役所において、子ども未来基金に寄附金贈呈を行った(有)大栄土建(大城由香代表)の市長表敬がありました。表敬された大城明弘会長は「豊見城市のために何かできないかということで、営業所の前の美化活動や子ども・子育て応援団にも登録しました。今回の寄附金も、豊見城市の子ども達のために、有効活用していただければと思います」と熱い想いを語りました。
 (有)大栄土建様、ありがとうございました。


東京オリンピック2020聖火リレーin沖縄(2021年5月2日)

 5月1日~2日にかけて、沖縄県内において、新型コロナウイルス感染拡大防止が徹底された中、『東京オリンピック2020聖火リレー』が開催されました。  5月2日には、糸満市の平和祈念公園にて開催。豊見城市民のランナー達も東京オリンピック2020の聖火を繋ぎました。 最終ランナーが聖火台に火を灯すセレブレーションには、沖縄県知事をはじめ、2日目の聖火リレー開催自治体の首長らが参加し、それぞれが挨拶を述べました。そして、2日に渡り繋がれた沖縄県の聖火リレーは幕を閉じ、聖火は次の会場へと繋がれました。  










イオン社会福祉基金 福祉車両贈呈式(2021年4月30日)

4月30日、イーアス沖縄豊崎において、『イオン社会福祉基金 福祉車両贈呈式』が執り行われ、山川市長や運天市社会福祉協議会会長、イオン琉球(株)大野代表取締役社長など、関係者らが出席。 イオン社会福祉基金およびイオン琉球(株)より、本市をとおし、市社会福祉協議会へ福祉車両1台の贈呈がありました。
イオン社会福祉基金は、イオン琉球(株)を含めグループ企業約100社が加盟し、労使双方従業員1人あたり毎月50円ずつ積み立て運営しており、さまざまなボランティア活動や福祉施設への福祉車両贈呈を行っています。今回を含め累計116台目、沖縄県内では5台目の贈呈となります。
贈呈された福祉車両は、市社会福祉協議会において、障害者などの福祉向上のために活用されます。

 


 



旧豊見城市役所に商業施設オープン(2021年4月27日)

4月27日、旧豊見城市役所にオープンする商業施設『ドン・キホーテ』の内覧に市長らが招待されました。 新しく改修された店舗内は、商品などが陳列されているほか、爬龍船をモチーフにしたモニュメントなども設置され、豊見城らしさも感じられる雰囲気の内装になっていました。グランドオープンは4月28日となります。
 




 

新入生交通安全教室(2021年4月22日)

4月22日、新入生が安全に登校できるように、豊見城警察署と豊見城地区交通安全協会の協力のもと、伊良波小学校体育館において、『新入生交通安全教室』が開催され、山川市長ら関係者と新1年生児童らが参加しました。  
児童らは、山川市長と一緒に「右見て、左見て、もう一度右を見て」と手を挙げて、横断歩道を渡る練習を行うなど、警察官等から交通安全のルールについて学びました。  
また、豊見城地区交通安全協会から、道路標識が描かれた『ものさし』と交通安全の『絵本』の寄贈があり、市商工会女性部からは、「無事にお家に帰る」という意が込められた『風車のマスコット』が寄贈されました。 新入生交通安全教室は、市内各小学校で開催されています。
 

絵本「シーサー由来記 豊見城シーサー探訪記」の寄贈がありました(2021年4月16日)

4月16日、市役所において、豊見城市商工会を活動拠点とする「地元の歴史・文化広め隊」(新田宗市代表)より本市へ絵本「シーサー由来記 豊見城シーサー探訪記」の寄贈がありました。 寄贈された絵本は、市民団体活動支援事業を活用し作成され、シーサーにまつわる物語と市内のシーサーを紹介する内容となっています。
地元の歴史・文化を地元の子ども達に分かりやすく伝えることと、一人でも多くの方に豊見城に関心を持ってもらうことを目的に、今後、学習教材としての使用や市内公共施設において市内外の方や観光客へのPR等に活用される予定です。 また、教育委員会をはじめ、市内小学校などにも配布される予定となっています。
 

豊見城市地域再生計画基金への寄附金贈呈式(2021年4月15日)

4月15日、市役所において、たかえす歯科クリニック(髙江洲 實 院長)より、『豊見城市ワク・ドキこども未来プロジェクト』を推進するために令和3年4月に設置された『豊見城市地域再生計画基金』へ寄附金の贈呈が行われました。 今回の寄附は『豊見城市地域再生計画基金』への寄附第1号となります。  高江洲院長は「豊見城市で約20年、歯医者を経営していたので、いつか恩返しをしたいと思っていました」と本市に対する想いを語り、山川市長は「今回の寄附が、豊見城市地域再生計画基金への寄附金第1号となりますので、今後、これをきっかけに支援の輪が広がっていくことを期待しています」と感謝のことばを述べました。

 

新型コロナウイルスワクチン集団接種シミュレーション(2021年4月11日)

4月11日、市役所にて、新型コロナウイルスワクチンの集団接種実施に向けて、本番を想定した集団接種のシミュレーションが行われました。シミュレーションでは、医療関係者の協力のもと、受付、問診、接種、経過観察の一連の流れを確認。また、救急隊員も配備され、接種後容体が悪化した方を救急搬送する手順の確認も行いました。シミュレーション後は、問題点の洗い出しが行われ、課題解決に向け、更なる体制整備が図られます。


 

こども未来基金寄附金贈呈式:市豊寿大学学生会第13期(2021年4月2日)

4月2日、市役所において『こども未来基金寄附金贈呈式』が行われ、豊寿大学学生会(當銘学第13期会長)より山川市長へ目録が手渡されました。豊見城市こども未来基金とは、市が安定的な財源のもと子育て支援施策を充実させることを目的に設置されたもので、市税やふるさと納税、市民や企業からの寄附金で構成された基金。當銘会長は「市内の支援を必要としている子どもたちに役立ててほしい」と述べ、山川市長は「記念すべき寄附金第1号が本市の先輩方とあってとても嬉しい」と感謝を述べました。

第8期豊見城市高齢者保健福祉計画(市老人保健福祉計画)にかかる答申(2021年3月25日)

3月25日、市役所において、豊見城市老人保健福祉計画策定委員会(大湾明美委員長)より、『第8期豊見城市高齢者保健福祉計画の答申』が山川市長へ行われました。


 

第19回新春市長杯ゲートボールクラブ大会(2021年3月16日)

3月16日、豊見城市ゲートボール場において「第19回新春市長杯ゲートボールクラブ大会」が開催されました。山川市長は挨拶の中で「皆様のように、日頃からスポーツを楽しみ、奉仕活動等にも積極的に取り組んでおられ、心身ともに健やかに過ごされている方々を目の前にしていますと、本市が笑顔あふれる明るく元気なまちであると強く感じさせられます。 また、市におきましても、地域がつながり支え合うまちづくりに向け、市民交流の機会拡大を推進してまいりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。」の述べました。

「豊見城市一般廃棄物処理基本計画」への答申(2021年3月12日)

3月12日、豊見城市一般廃棄物対策推進審議会会長らが市役所へ来訪し、「豊見城市一般廃棄物処理基本計画」への答申を行いました。

こども・子育て応援団のぼり渡し式(2021年3月14日)

3月14日、イーアス沖縄豊崎において『こども・子育て応援団のぼり渡し式』が行われ、山川市長から応援団へのぼりが手渡されました。
会場では、応援団による「チャリティー」や「パネル展示」などが行なわれ、市内外から訪れた来場者で賑わいをみせました。
 

本市よりとよみ生協病院へ医療用マスク寄贈(2021年3月11日)

3月11日、市役所において、医療従事者の感染予防を図ることを目的に本市よりとよみ生協病院へ、医療用マスクの寄贈を行いました。
 山川市長は「少しでも、医療従事者が安心して働ける環境づくりに努めていきたい」と述べました。

令和2年度男女共同参画標語入賞者が決定!(2021年3月11日)

市役所において、『令和2年度男女共同参画に関する標語の表彰式』が行われ、応募総数169作品の中から、最優秀賞に當間かのんさん(ゆたか小)の作品が選ばれました。
【最優秀賞作品】一人一人に未来があって 一人一人に夢がある みんなで輝こう

第5次総合計画『基本計画』、第2期人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生総合戦略を答申(2021年3月9日)

3月9日、豊見城市振興計画審議会(大城保会長)は、「第5次総合計画の策定」『基本計画』について答申を行いました。また、豊見城市まち・ひと・しごと創生審議会(島田勝也会長)においても、「第二期人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生総合戦略」について答申を行いました。


『豊西歌声サークルきらきらの会』来訪(2021年3月9日)

『令和2年沖縄県ちゃーがんじゅう地域大賞』にて、優秀賞に選ばれた豊西歌声サークルきらきらの会が市長へ受賞報告を行いました。きらきらの会は、歌好きな男女が集い、歌声を通してストレス解消や健康づくりに取り組んでおり、生き生きと活動する姿が、地域へ希望を与えています。

沖縄県母子保健大会長表彰受賞報告(2021年3月5日)

『第54回沖縄県母子保健大会』にて、大会長表彰を受けた市母子保健推進員協議会が市長へ受賞報告を行いました。市母子保健推進員協議会は、乳幼児健診の補助や赤ちゃん訪問活動における地域と行政のパイプ役として重要な役割を担うなど、様々な活動を行い、母子保健向上に貢献しています。

地域BWAサービスに関する同意書交付式(2021年3月4日)

3月4日、ジャパンインテグレ―ション(株)(新田純也社長)へ、地域BWAサービス実施の同意書を交付しました。BWAとは、総務大臣より認可された事業者が市町村と連携し、地域の公共の福祉に役立てるよう、高速データ通信を提供するサービスです。今後さまざまな場所での活用が期待されます。

令和3年度施政方針演説(2021年3月2日)

3月2日、令和3年第1回市議会定例会が開催され、山川市長が令和3年度施政方針演説を行いました。

令和2年度人事異動辞令交付式(2021年3月1日)

3月1日、市役所において、新型コロナウイルスワクチン接種対策室設置に伴う兼務辞令の交付式が執り行われました。

宜保にこにこ公園遊具リニューアルオープンセレモニー(2021年3月1日)

3月1日、宜保にこにこ公園にて、公園遊具リニューアルオープンセレモニーが執り行われました。「地域の皆様には、大変長い間お待たせしておりましたが、ご理解とご協力いただき誠にありがとうございました。遊具改築の工事に際し、ご尽力を賜った関係者の皆様に感謝申し上げるとともに、公園名称にもあるように利用者が「にこにこ」と安全・安心に利用されることをご祈念申し上げる」と述べられました。

スパルタンレース沖縄大会2020(2021年2月27日)

2月27日、オリオンECO美らSUNビーチにおいて「スパルタンレース沖縄大会2020」が開催されました。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行いながらの実施となり、山川市長の激励とスタートコールの後、選手たちは多種多様な障害物へ臨んでいました。


「消臭・除菌ウォーターちゅらセーフ」贈呈式(2021年2月26日)

2月26日、市役所にてチュラコス株式会社上間様らがご来訪し、「消臭・除菌ウォーターちゅらセーフ」の贈呈式が執り行われました。
 「ちゅらセーフ」は毎月70個を寄贈頂き、豊見城市の妊婦の方を対象に配布します。


豊崎児童クラブ来訪(2021年2月25日)

2月25日、沖縄県主催の第14回沖縄県子ども地域安全マップコンテストにおいて、最優秀賞、沖縄県警察本部長賞を受賞し、その後全国で行われた第17回小学生のぼうさい探検隊マップコンクールに追い打て、佳作、審査員特別賞を受賞した豊崎児童クラブのみなさまが市役所へ来訪しました。山川市長は挨拶の中で、「数ある応募の中から、名誉ある賞に皆様が受賞されたことは大変めでたい。大変地図もわかりやすく、危険な場所、安全な場所について大変勉強になった。これからもっと、皆さんが豊見城市に住んでよかったという街にしていきたい。」と述べられました。
豊崎児童クラブのみなさま、受賞おめでとうございます!!

津森義弘様来訪(2021年2月18日)

2月18日、旭日双光章を受章された津森義弘様が、受章の報告の為来訪しました。旭日双光章は国や公共に対し功労のあるものに授与される章となります。



カーボンオフセットクレジット証明書受渡式(2021年2月10日)

市役所にて、『カーボン・オフセット・クレジット証明書受渡式』が行われ、キヤノンマーケティングジャパン(株)の棚橋所長(沖縄営業所)より『国内クレジット代理償却証明書』が山川市長へ手渡されました。今回の受渡式では、平成27年までに市庁舎や市内小中学校などに導入したキヤノン製複合機25台分の使用維持管理部分にあたるクレジット償却送料15トンを、5年にわたって毎年3トンずつ同社から本市へ移転することとなりました。
 
 
カーボン・オフセットとは、地球温暖化対策の一つ。企業や個人がCO₂削減に取り組んだ際に、努力をしてもどうしても削減できない排出分を、他の企業や自治体などが削減したCO₂の吸収量(クレジット)の購入、または植林や森林保護活動を行うなどで埋め合わせをして、自らの排出量を相殺することをいいます。


新型コロナウイルスワクチン接種説明会(2021年2月5日)

2月5日、市役所内において新型コロナウイルスワクチン接種説明会行われ、南部地区医師会豊見城班の皆様が参加されました。山川市長は挨拶の中で、「円滑にワクチン接種を実施しコロナ禍を終息させるよう、本市としても鋭意取り組んでいくが、医療機関の皆様のご理解とご協力が必要となるため、改めてお力添えを申し上げる」と述べられました。

豊見城市産ミニトマトを使用したトマトジェラート試食会(2021年2月3日)

2月3日、市役所において『豊見城市産ミニトマトを使用したトマトジェラート試食会』が行われ、山川市長や市民らが試食会に参加しました。
今回の商品開発は、(一社)沖縄経営者協会が主催する官民交流型人材育成研修の一環で、かりゆし塾の塾生により企画された「やんばるジェラート」とのコラボ商品。トマトの香りや果肉も楽しめる美味しいジェラートに、参加した市民らは舌鼓を打っていました。

令和2年度豊見城市明るい選挙啓発ポスター表彰式(2021年2月2日)

2月2日、市役所にて令和2年度明るい選挙啓発ポスター表彰式が執り行われました。
優秀賞として豊見城中学校1年の大城さん、ゆたか小学校5年の嘉数さん、同じくゆたか小学校5年の古堅さん、佳作として、ゆたか小学校5年の新城さん、上田小学校3年の大底さんが受賞しました。市長は挨拶の中で、「どれも創意工夫のある作品ばかりで、未来を担う皆さんの心意気が見えて感激している。今後もますます選挙に対して関心を持ち続けてほしいと願うとともに一票の大切さを理解し、家族や友人へ知らせていただきたい」と述べられました。


 


地元食材「きくらげ」寄贈(2021年1月28日)

1月28日、市役所にて(株)にじいろ(大城徹也代表)より、「きくらげ」の寄贈がありました。この「きくらげ」は就労支援事業所にじいろで働く方々が栽培しており、とても栄養価が高く本市の学校給食の食材に使用されています。今回寄贈された「きくらげ」は市内の子どもたちの為に活用されます。

トヨタシーサイドタウン竣工式(2021年1月27日)

1月27日、豊見城市字与根内において、トヨタシーサイド店竣工式が執り行われました。
山川市長は挨拶の中で「与根西部地区にトヨタウンシーサイド店を始めとする様々な企業様が立地することは、本地区における産業拠点形の実現に向けてより一層前進することとなり、今後の豊見城市の未来がさらに明るくなるものと喜んでいる」と述べられました。

島大根メニュー試食会(2021年1月27日)

1月27日、給食センター内において、山川市長、小川副市長が学校給食の島大根メニューの試食会を行いました。

就労支援B型事業所「合同会社Common‘s」アルコールスタンド贈呈式(2021年1月22日)

1月22日、就労支援B型事業所「合同会社Common‘s」代表の幸喜様らが来訪し、事業所で製作したアルコールスタンドを贈呈していただきました。
頂いたアルコールスタンドは、市役所の入口に設置しております。

令和2年7月豪雨災害義援金贈呈式(2021年1月20日)

1月20日、市役所にて令和2年7月豪雨災害義援金贈呈式が執り行われ、市職員から集められた義援金86,488円を日本赤十字社へ贈呈しました。山川市長は挨拶の中で、「令和2年7月の豪雨災害により被害にあわれた地域・世帯の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。市職員の善意を被災地支援へお役立てください」と述べられました。

沖縄県公衆衛生大会長表彰の報告(2021年1月19日)

1月19日、沖縄県公衆衛生大会長表彰を受賞した上原 八重子(うえはら やえこ)様らが来訪しました。
上原様は永年にわたり、豊見城市食生活推進員協議会の一員として、食育普及活動を通した公衆衛生の向上に貢献されました。上原様のより一層の活躍が期待されます。

学校給食用野菜栽培事業現場視察(2021年1月13日)

1月13日、字伊良波内の圃場において、山川市長が、学校給食用の野菜栽培事業現場の視察と、大根の収穫体験を行いました。

田上自治会自主防災会設立報告(2021年1月13日)

1月13日、田頭自治会の皆様が市役所へ来訪し、自主防災会の設立報告を行いました。今回の「田頭自治会」の設立により12自主防災組織の設立となりました。
自主防災組織は、市・消防・警察・自衛隊による公助の対応の限界に対して、自分の身を自ら守る(自助)、地域の人々が協力しながら対応する(共助)が期待されています。本市では、自主防災組織の支援として「訓練補助金の助成」「資機材購入の助成」「防災士資格の助成」を行っております。

(仮称)DPL沖縄豊見城新築工事(N-3敷地)地鎮祭(2021年1月12日)

1月12日、字与根内においてDPL沖縄豊見城新築工事(N-3敷地)の地鎮祭が執り行われました。山川市長は挨拶の中で、「DPL沖縄が立地することで、今後の豊見城市の未来がさらに明るくなるものと喜んでいる。与根西部地区について、今後とも積極的に支援する」と述べられました。

 

令和3年豊見城市成人式(2021年1月10日)

1月10日、豊見城市内の各中学校にて成人式が執り行われました。今年はコロナ禍の影響により、市長挨拶をビデオにて行いました。市長は挨拶の中で、「成人の皆様をこれまで育て上げたご家族の皆様、地域の皆様にお喜びを申し上げます。成人を迎えられた皆様におかれましては、ワクワクドキドキする「夢と希望あふれる豊見城市」を作っていくために積極的なご協力をお願いします。豊見城市のさらなる発展、沖縄県経済の自立のため共に頑張っていきましょう」と述べられました。

令和3年 豊見城市消防出初式(2021年1月5日)

1月5日、豊見城市消防本部にて令和3年豊見城市消防出初式が執り行われました。今年度は、コロナ禍の影響もあり市長、市議会議長、消防団長、消防本部職員のみでの開催となりました。山川市長は挨拶の中で、「消防職員の凛々しい姿に接し、気が引き締まる思い。職員の皆様には、今後とも消防・防災行政を担う誇りと使命感を常に持ち、技術向上と心身の鍛錬に精励されるとともに、自治会など地域の方々との連携を一層強め、地域消防力・防災力の向上に努めていただくよう期待する」と述べられました。

豊見城市役所仕事始め式(2021年1月4日)

1月4日、豊見城市庁舎内において仕事始め式が執り行われました。今年度は、コロナ禍の影響もあり小規模での開催となりました。

糸満漁業協同組合 令和3年初セリ儀式(2021年1月4日)

1月4日、県水産公社地方卸売市場にて、令和3年初セリ儀式が執り行われました。セリ儀式では、多くの関係者が参加し、大漁と航海安全を祈願しました。山川市長は、挨拶の中で「水産物の安定供給の確保と発展のためには、漁業者の皆様、関係機関の皆様のさらなるご協力が必要となるので、力を合わせて水産業振興を図るために、ご協力を賜りますようお願い申し上げる」と述べられました。挨拶後は初セリが始まり、元気な声が会場内に響き渡っていました。


社会医療法人友愛会理事長 比嘉國郎様ら来訪(2020年12月22日)

12月22日、社会医療法人友愛会理事長 比嘉國郎様らが市役所へ来訪し、新型コロナウイルス感染症経済対策で実施した「アゴマゴクーポン事業」への御礼をいただきました。

津波響樹選手来訪(2020年12月21日)

12月21日、陸上の日本選手権の走り幅跳びにて7m99cmを記録して優勝した津波響樹(つはひびき)選手が豊見城市役所へ来訪しました。津波選手は、「オリンピックでメダルをとる」と力強く抱負を述べていました。みなさんで一緒に津波選手を応援しましょう!!

豊見城南高等学校創立40周年記念式典(2020年12月19日)

12月19日、豊見城南高等学校創立40周年記念式典へ山川市長が出席されました。山川市長は祝辞の中で、「歴史ある豊見城南高等学校で学ぶことへの誇りを胸に、これからも日々の活動に一層励み、仲間と切磋琢磨しながらさらなる発展を期待する」と述べられました。


寄附金贈呈式(2020年12月1日)

12月1日、市役所へ豊見城市電友会会長瀬長満様らが来訪し、育英会へ20万円を寄附いただきました。

災害伝承プロジェクト 防災講演会 (2020年11月29日)

11月29日豊見城中央公民館にて「災害伝承プロジェクト 防災講演会」が開催されました。講師に地域防災リーダーとしてご活動頂いている菅野澄江(かんのすみえ)様をお迎えし、実際に体験した東日本大震災のお話をしていただきました。山川市長は、「沖縄県は島しょ県であるがゆえに大規模災害時には、公助が困難な状況となることは容易に想像でき、自助、共助が大変重要となる。この講演を通して、本市の自主防災組織の結成率の向上につながってほしい」と挨拶されました。

沖縄県41市町村長のど自慢大会(2020年11月28日)

11月28日、道の駅豊崎にて、民放番組内の企画の41市町村のど自慢大会へ山川市長が参加し、創作エイサー団体「しんか」の皆様と一緒に、今話題のアニメ主題歌を熱唱しました。出演後には、豊崎子ども会の皆さんとドッチビー(布製のフライングディスクで行うドッチボール)を行いました。


「豊見城市×ハンガリー」「北中城村×サントメ・プリンシぺ民主共和国」ホストタウンフレーム切手贈呈式(2020年11月24日)

11月24日、豊見城市沖縄空手会館にて、沖縄県の自治体と初となる「豊見城市×ハンガリー」「北中城村×サントメ・プリンシペ民主共和国」ホストタウンフレーム切手贈呈式が執り行われました。
山川市長は挨拶の中で、「これを機にハンガリーと豊見城市の交流の輪が益々発展することを期待している」と述べられました。
ホストタウンフレーム切手は、豊見城内の4郵便局のほか豊見城市役所庁舎内の販売店「ラ・マジュン」、那覇中央郵便局、WEBでの販売も行っております。

第2回豊見城市こども未来市民会議後の市長・副市長との意見交換会(2020年11月5日)

11月5日、豊見城市役所内において、第2回豊見城市こども未来市民会議が開催されました。その後、市長・副市長を交えて関係団体との意見交換会を行いました。

豊見城市総合防災訓練(広域地震・津波避難訓練)(2020年11月5日)

11月5日、「世界津波の日」にちなんで、豊見城市総合防災訓練(広域地震・津波避難訓練)が実施され、庁舎内外の団体等合わせて1,873名が参加しました。各団体の要した避難時間はおおむね予想通りでしたが、強風時のドローン飛行不能への対処、迅速な情報伝達、連携のためのシステム構築等の課題が挙がりました。

「JA共済オリジナル親子健康手帳ケース」贈呈式(2020年11月4日)

 11月4日、JA豊見城支店長ほかの皆様が市役所へ来訪し、地域貢献活動の一環として「JA共済オリジナル親子健康手帳ケース」の贈呈式が行われました。今回で4回目となる本活動では、JA豊見城支店 金城寿支店長は「母子ともに健康に、出産できるように祈りを込めてお送りする、ぜひご活用いただきたい」とのお言葉を述べられ、それに対し山川市長は、「財政的にも厳しい中で母子手帳ケースやそれ以外のことに関しても、支援をしていただき、JA豊見城支店様並びにJA沖縄様には感謝を申し上げたい。今後も、子供たちのことについて率先して取り組んでまいりたいと思いますのでこれからもお力添えをお願いします。と述べられました。
手帳ケースは、母子手帳の交付時に窓口で配布いたします。みなさま、ぜひご愛用ください。

第1回こどもミーティング(2020年10月24日)

10月24日、庁舎内において「第1回こどもミーティング」が開催されました。こどもミーティングには、小学3年生から18歳の皆さんが参加し、誰もが自発的に発言したり、作業を行うことができるように「ワークショップ方式」で行いました。
参加された皆さんは、付箋紙に自らの思いをかき出し、壁一面に張り出して、皆で出し合った意見をまとめ、まとまった意見の発表・共有を行っていました。
 発表する姿は堂々としていて頼もしく、豊見城市の未来が楽しみとなるものでした。
山川市長は、「皆さんからいただいた思いを重く重く受けとめ、皆さんが大人になったときに豊見城市に生まれてよかったと思えるように、いただいた声をしっかりと形にしていくと約束します。」と挨拶しました。(写真は参加された皆さんの一部です)

日本デフバレーボール協会来訪(2020年10月23日)

10月23日、市役所にて、山川市長は、日本デフバレーボール協会大川裕二理事長らの表敬を受けました。大川理事長が「聴覚障害者のバレーボール競技であるデフバレーボールの世界大会をぜひ豊見城市に誘致し、開催してほしい」と熱い思いを伝えると、山川市長も「障害者の勇気と希望溢れる場所になれるよう頑張っていきたい」と応じました。

災害時における応援協力関する協定締結式(2020年10月22日)

10月22日、庁舎内にフジ地中情報株式会社沖縄営業所長 比嘉様と、大久保様が来訪し、災害時における応援協力に関する協定締結式が執り行われました。

 山川市長は挨拶の中で「御社と協定を締結できたことは、大規模災害の際早急に被害者のライフラインを確保するとともに、避難生活の質の向上につなげることができる体制の構築を図るものであり、心より感謝している」と述べられました。
 この協定は豊見城市が管理する上下水道施設に著しい障害が発生したときに、水道台帳のシステム支援や漏水調査作業、その他水道供給の復旧に必要な業務を行うものとなります。

防災備蓄用サージカルマスクをご寄付頂きました(2020年10月21日)

10月21日、(株)伊江島観光バス様より「防災備蓄用サージカルマスク」4,000枚の寄付がありました。コロナ禍での厳しい環境のなか、ご支援をいただきありがとうございました。

双子のサッカー選手河田柚奈さん、和佳奈さん来訪(2020年10月14日)

10月14日、女子サッカーチーム「カーサ・オキナワ・アレ」所属の双子の選手河田柚奈(ゆうな)さん、和佳奈(わかな)さんが市役所を訪れ、県大会優勝と九州大会派遣などの報告を行いました。
お二人は「県大会優勝はうれしかった」と口をそろえて語り、九州大会への意気込みも語っていました。
 山川市長はお二人に向けて、「優勝を目指して頑張ってほしい」と激励しました
カーサ・オキナワ・アレはサッカーのU18とU15の県大会、フットサルの県U15大会で優勝し、それぞれ九州大会へ派遣されます。

政策参与委嘱状交付式(2020年10月19日)

 
 10月19日、庁舎内において政策参与 玉沖 仁美(たまおきひとみ)様の委嘱状交付式が執り行われました。
 山川市長は挨拶の中で「本市の発展の為これまで培ってこられた多くの知識、経験を大いに発揮していただきたい」と述べられました。
 玉沖様の任期は令和3年3月31日までとなっており、本市が有する政策課題の分析、改善策の検討、助言、シティプロモーションに関する戦略の策定やその他市政運営及び財政基盤強化に関する助言などにお力添えをいただきます。


豊見城市与根西部地区土地区画整理事業の造成工事に伴う起工式(2020年10月19日)

 
 10月19日、豊見城市字与根において豊見城市与根西部地区土地区画整理事業の造成工事に伴う起工式が執り行われました。
 山川市長は挨拶の中で「今後も当事業について、周辺の環境・景観と調和する良好な開発が行われ、住みよいまちが形成されるよう、積極的に支援してまいる所存であります」と述べられました。
 
 当事業の進捗に伴い土地の有効利用が図られること及び企業の進出による雇用創出等、様々な経済効果が図られることから、将来の豊見城市の発展に寄与するものと期待されます。


新職員と市長のワク!ドキ!ランチミーティング(2020年10月6日・9日)

 10月の6日と9日に、市長、副市長と新採用職員との間でランチミーティングが開催され、9月末で試用期間を終えた29名の新職員のうち21名が参加し、市長副市長と仕事や趣味の話などで懇談を行いました。毎年恒例となっているこのイベントですが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、参加人数を二グループに分け、席の間隔をあけ、換気、手指消毒などの対策を行いながら開催されました。新職員からは6か月を過ごした感想や、市行政への思いなどが述べられていました。山川市長は「皆さんを信頼している。これから多くの困難にぶつかることもあると思うが、一呼吸置きながらも立ち止まらず進み続けてほしい」と激励しました。



 
 

第17期 豊見城市農業委員辞令交付式(2020年10月1日)

10月1日、庁舎内において第17期豊見城市農業委員の辞令交付式が執り行われ、8名の新農業委員が任命されました。山川市長は挨拶の中で、「議会の同意を経て、平成27年に農業委員会等に関する法律が改正され、農業委員の選任方法か任命制となりました。これまでも農業委員は、農地の所有権移転などの許認可事務、農地利用の最適化などの重要な事務を行ってまいりましたが、この法改正により新しい農業委員活動の確立に向けて協議していただき、豊見城市の農業発展のために尽くしていただければ幸いです。」と述べられました。

令和2年度 豊見城市防災会議(2020年10月1日)

 10月1日、庁舎内において令和2年度豊見城市防災会議が開かれました。山川市長は挨拶の中で、「豊見城市地域防災計画の修正、豊見城市国土強靭化地域計画の策定に向けて、関係機関がより一層連携して防災対策へ取り組んで頂きたい」と述べられました。

技能実習生の派遣受け入れに関する覚書の報告(2020年10月1日)

 10月1日、庁舎内において県ホテル協会、ミャンマーのタニンダリー管区ホテル協会及びミャンマーのシンクタンク「グリーンフィールドグループ」の3者が来訪し、技能実習生の派遣受け入れに関する覚書が締結したことの報告を受けました。

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(第3弾)記者発表(2020年9月29日)

 9月29日、庁舎内において、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(第3弾)の記者発表が行われました。今回は、3億8千万余りの予算措置を行い、➀子ども対策、②「新しい生活様式」を踏まえた対策、③感染拡大防止対策、④その他の対策を行います。詳細についてはこちらをクリックしてください。(PDF)

高齢者老人保健福祉計画策定委員会委員委嘱状交付式(2020年9月28日)

 9月28日、庁舎内において、高齢者老人保健福祉計画策定委員会委員委嘱状交付式が執り行われました。 委員会は、学識経験者、保健、医療、福祉関係者、被保険者などの計8名で構成され、来年度から新たに始まる豊見城市老人福祉計画(第8期豊見城市高齢者保健福祉計画)の策定を行います。山川市長は、委員の皆様への挨拶の中で「現行計画の理念を継承しつつ、時代のニーズに即した高齢者福祉施策の実現に向け、様々な立場からのご意見を計画に反映させてくださいますようご協力をお願いします。」と述べられました。

庁舎内売店「La・majun(ラ・マジュン)」オープニングセレモニー(2020年9月23日)

 9月23日、庁舎内1階にて「庁舎内売店「La・majun(ラ・マジュン)」のオープニングセレモニーが執り行われました。山川市長は挨拶の中で「庁舎へ売店を設置することにより、市民をはじめ来庁者の利便性が向上することは、行政サービスの向上に直結するものとして大いに期待している。」と述べられました。

 「La・majun(ラ・マジュン)」の営業時間は、平日の9時~18時までとなっております。ぜひ、ご愛顧ください。

 

秋の全国交通安全運動 街頭指導(2020年9月23日)

 9月23日、豊見城交差点の横断歩道にて、山川市長が秋の全国交通安全運動 街頭指導を行いました。

豊見城市新型コロナウイルス感染症対策寄附金贈呈式(2020年08月19日)

   8月19日、保栄茂にお住まいの當銘盛一様より、(故妻)正子様の香典返しとして金30万円をご寄附いただきました。(※写真はご子息の當銘健一様)
 正子様のご冥福を心からお祈りいたしますとともに、その志に深く感謝いたします。
 この浄財は、豊見城市新型コロナウイルス感染症対策へ活用されます。

豊見城市新型コロナウイルス感染症対策寄附金贈呈式(2020年08月18日)

8月18日、豊崎にある有限会社仲本プロパン様が市役所を訪れ、寄附金の贈呈式が行われました。
仲本プロパン様より、創立53年にちなんで53万円の寄附金をいただきました。

この浄財は、豊見城市新型コロナウイルス感染症対策に活用されます。

 

地域懇談会~市民と市長のワクドキ懇談会~(2020/07/21)

7月21日、市長、副市長が自治会を訪れ住民から直接、市への要望を聞く「地域懇談会~市民と市長のワクドキ懇談会~」が、エコシティ渡橋名自治会にて開催されました。
 自治会からは、事故防止柵や環境改善策など、8項目についての要望があり、それについて山川市長は「調整して前向きな回答ができるようにしていきたい」と述べられました。
 残念ながら、予定されていた懇談会は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となってしまいましたが、懇談会が中止となった自治会に関しては書面による対応を行います。

7月15日はマンゴーの日!「マンゴーの日」セレモニー(2020/07/15)

マンゴーの消費拡大を目的として、道の駅豊崎において、『「マンゴーの日」セレモニー』が開催され、県内外へ県産マンゴーのPRが行われました。また同月11日に開催された「沖縄県マンゴーコンテスト」で豊見城産マンゴーが県知事賞を受賞するなど今年も出来の良いマンゴーとなっています。

地域子育て支援センター『まるしぇ』開所式(2020/07/08)

子ども達の健やかな育ちを地域で支援することを目的に、『地域子育て支援センターまるしぇ』の開所式が行われました。 まるしぇ(字豊見城)は社会福祉法人金努福祉会(神谷理事長)により運営され、ふれんど(字嘉数)、ぐっぴー(字座安)に続き、本市3か所目の地域子育て支援センターとなります。

『社会を明るくする運動』 メッセージ伝達式(2020/07/07)

『社会を明るくする運動メッセージ伝達式』が市役所にて行われ、山川市長は那覇保護司会より、安倍内閣総理大臣、沖縄県玉城知事、沖縄県金城教育長からのメッセージの伝達を受けました。市長は「犯罪・非行のない安全で安心な社会にするため、良い環境をつくってまいりましょう」と述べました。

豊見城市まち・ひと・しごと創生審議会へ諮問(2020/07/06)

山川市長は豊見城市まち・ひと・しごと創生審議会(島田勝也会長)へ、令和3年度から5年間を期間とする人口減少対策およびまち・ひと・しごとの好循環確立を目指す取組等を示す「第2次豊見城市人口ビジョンおよび豊見城市まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定について」の諮問を行いました。

備瀬洋一教育委員 任命辞令交付式(2020/07/01)

市役所において、『教育委員任命辞令交付式』が執り行われ、山川市長より備瀬洋一氏へ任命辞令が手渡され、令和2年7月1日付けで任命されました。備瀬氏はこれまで神原中学校校長、金城中学校校長などを歴任するなど教育現場に携わってこられました。

令和2年度 豊見城市自治会長会 功労者表彰式(2020/07/01)

市役所において『市自治会長会功労者表彰式』が行われました。式では、多年にわたり市自治会長会および本市行政の発展にご尽力いただいた金城吉夫さん(平和台自治会前会長)、健山登さん(タワーサイドハイツ自治会前会長)を表彰し、山川市長から感謝状を贈呈しました。

惣慶貴子教育委員 感謝状贈呈式(2020/06/29)

2年2か月間(平成30年4月1日~令和2年6月30日)、本市教育委員を務めた惣慶貴子教育委員への感謝状贈呈式が市役所にて行われました。惣慶委員は、教育方針の策定や教育委員会の事務の点検・評価を行うなど、市の教育行政の発展に大きく貢献しました。

マンゴーはさみ入れ式および豊見城市マンゴーの里宣言11周年記念祭・豊見城マンゴー防犯パトロール出発式(2020/6/27)

豊見城産マンゴーの販売成功を祈願し、『マンゴーはさみ入れ式』および『市マンゴーの里宣言11周年記念祭・豊見城マンゴー防犯パトロール出発式』が行われました。マンゴーハウス(字高嶺内)において、山川市長やマンゴー農家の大城さんらが旬を迎えたマンゴーにはさみを入れ、今年も美味しそうに実ったマンゴーをPRしました。またJAおきなわ菜々色畑では、記念祭および防犯パトロール出発式が行われ、山川市長は「美味しいマンゴーが消費者の皆さまのもとに届けられるのは、農家の皆さまや関係者の方々の尽力の賜物です」と感謝の気持ちを述べました。

豊見城市・(医)友愛医療センター派遣型救急ワークステーション締結式(2020/6/25)

(医)友愛医療センター(字与根)において、『派遣型救急ワークステーション締結式』が執り行われました。本締結により、院内実習などを通し救急救命士の医療知識の向上、搬送患者への迅速な医療介入による救命率の向上など救急医療体制強化が期待されます。運用開始は8月の予定です。

首里城再建に向け本市より沖縄県へ寄付金贈呈(2020/6/16)

県庁において、本市より沖縄県(玉城知事)へ『首里城火災復旧・復興支援寄付金』の贈呈を行いました。寄付金は、昨年11月~今年3月にかけて寄付していただいた「支援金募金」や「ふるさと納税」など総額1億3,829万603円。山川市長は「皆様からたくさんの思いをしっかり受け取ってほしい」と思いを述べました。

除菌液・マスク贈呈式 本市より市商工会へ(2020/5/27)

市役所において、本市より市商工会(当銘優会長)へ『除菌液・マスクの贈呈式』が行われました。 寄贈されたアルコール除菌液やマスクは、市商工会を通して市内事業所へ配布され、安心して事業所運営を行なっていただくために活用されます。


(株)仲里ペイントより本市へニュースマイルウォーター(弱酸性次亜塩素酸精製水)の寄贈がありました(2020/05/20)

(株)仲里ペイント(新里亜矢子代表取締役)より本市へニュースマイルウォーター(弱酸性次亜塩素酸精製水)の寄贈がありました。皆さまの暖かいご支援ありがとうございました。

とよみデンタルクリニックより本市へ除菌用アルコールの寄贈がありました(2020/05/20)

とよみデンタルクリニック(清水俊景医院長)より本市へ除菌用アルコールの寄贈がありました。皆さまの暖かいご支援ありがとうございました。


 
 

本市より市内福祉施設7団体へマスクを贈呈(2020/05/19)

高齢者や市内福祉施設で働く職員の皆さまの感染予防をを図る目的で、本市より、市内福祉施設7団体の皆さまへマスク約5,600枚を贈呈しました。

本市より市内小中学校へマスクを贈呈(2020/05/15)

山川市長は市内小中学校の校長会へ出席。5月21日より学校が再開されるため、教職員の皆さまと子ども達の感染予防を図る目的で、マスク4,800枚を贈呈しました。

(株)拓琉金属より本市へマスクの寄贈がありました(2020/05/12)

市内企業の(株)拓琉金属(古波津清正代表取締役社長)より本市へマスク8,400枚の寄贈がありました。皆さまの暖かいご支援ありがとうございました。

(株)たなごころより本市へマスクの寄贈がありました(2020/05/08)

(株)たなごころ(岸裕機代表取締役)より本市へマスク5千枚の寄贈がありました。皆さまの暖かいご支援ありがとうございました。

本市より南部地区医師会へ医療用マスクを贈呈(2020/05/07)

豊見城市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(第1弾)の健康対策において「ゆいマスクプロジェクト」より購入した医療用マスク5千枚を南部地区医師会(大城忍事務局長)へ贈呈しました。

キャッスルヒル(株)より本市へ次亜塩素酸水の寄贈がありました(2020/05/01)

ヘアサロン経営などの事業を展開しているキャッスルヒル(株)(岡城良太代表取締役社長)より本市へ除菌効果がある次亜塩素酸水100リットルの寄贈がありました。皆さまの暖かいご支援ありがとうございました。

本市より豊見城中央病院へ医療用マスクを贈呈(2020/05/01)

豊見城市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(第1弾)の健康対策において「ゆいマスクプロジェクト」より購入した医療用マスク5千枚を豊見城中央病院へ贈呈しました。

ゆいマスクプロジェクトより医療用マスクを購入(2020/05/01)

豊見城市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策(第1弾)の健康対策として「ゆいマスクプロジェクト」より医療用マスク1万枚を購入しました。

忠孝酒造(株)より本市へ高濃度泡盛の寄贈がありました(2020/04/22)

忠孝酒造(株)(大城勤代表取締役社長)より本市へ高濃度泡盛の寄贈がありました。高濃度泡盛は一般的な消毒液とほぼ同等のアルコールを含んでおり、消毒液の代替として使用することができます。ありがとうございました。

(株)ジュネより本市へマスク寄贈がありました(2020/04/22)

かりゆしウェアやアロハシャツを製造販売している市内企業(株)ジュネ(江口英樹代表)より本市へマスク寄贈がありました。ありがとうございました。


ウージ染め協同組合がウージ染めプリントマスクを市長らへ寄贈(2020/4/14)



新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(2020/2/21)

 2月21日、山川市長は、市内に新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、会見を行いました。

市長メッセージはこちらで確認ください→令和2年2月21日 市長メッセージ(新型コロナウイルスについて)


第24回 豊見城市生涯学習フェスティバル(2020/2/15)

 2月15・16日、市立中央公民館・豊見城総合公園陸上競技場において、『第24回市生涯学習フェスティバル』が開催されました。開会式では、社会教育功労に尽力された方々が表彰をされ、山川市長は祝辞を述べました。




琉球ゴールデンキングス公式戦in豊見城(2020/02/08)

 2月8日、豊見城市民体育館にて、琉球ゴールデンキングスの公式戦が行われ、市長が本市特産品である「美らトマト」を贈呈しました。試合は熱戦を繰り広げ、会場は大いに盛り上がりを見せました。琉球ゴールデンキングスの皆さん今シーズン優勝目指して頑張ってください。








豊見城市総合防災訓練(2020/02/08)

 2月8日、防災関連機関相互の連携体制を確立し、災害の発生に際して、災害応急対策の迅速化、的確化を図ると同時に市民の防災思想の普及・啓発を図ることを目的に、豊崎小学校体育館・周辺において、『豊見城市総合防災訓練』が実施され、多くの関係機関等が参加しました。








ギラヴァンツ北九州サッカーキャンプ歓迎式(2020/02/01)

 2月1日、豊見城総合公園陸上競技場において、『ギラヴァンツ北九州サッカーキャンプ歓迎式』が行われ、多くのサッカー関係者などが参加しました。見学無料ですので、多くの市民の皆様ぜひご覧ください。






豊見城市防災キャンプ(2020/02/01)

 しおさい公園において、想定される災害等の対応を疑似体験し、災害時の生活体験や防災プログラムを実践する『防災キャンプ』が行われ、市長が視察を行いました。このキャンプをとおして、地域の防災リーダーとなる人材の育成や、市民の防災知識やスキルの向上が図られました。






デフバレーボール日本代表女子チームとみぐすく合宿歓迎式(2020/1/25)

 1月25日、豊見城市民体育館において、聴覚障害者のバレーボール、『デフバレーボール日本代表女子チームとみぐすく合宿歓迎式』が行われました。2020年にイタリアで開催される世界選手権に向けて、1月26日まで本市で強化合宿を行います。






J2水戸ホーリーホックが豊見城市でキャンプイン

 1月18日、豊見城総合公園陸上競技場において、『水戸ホーリーホックキャンプ受入歓迎式』が行われ、多くのサッカー関係者や子ども達が参加しました。水戸ホーリーホックは、1月28日まで豊見城総合公園陸上競技場でキャンプを行います。見学無料ですので、多くの市民の皆様ぜひご観覧ください。

キャンプインの動画はコチラをクリック!






令和2年豊見城市仕事始め式

 1月6日、市民交流スペース前広場において、『令和2年豊見城市仕事始め式』が行われ、多くの職員が参加しました。本日より、令和2年の業務がスタートします。




オリックス ドラフト1位指名 宮城大弥選手による表敬訪問

 12月26日、山川市長は、オリックスドラフト1位指名を受けた宮城大弥選手による表敬訪問を受けました。


交通重大事故抑止 緊急アピール

 12月6日、市内で連続発生する交通重大事故をうけ、山川市長と砂川豊見城警察署長による『交通重大事故抑止に向けた緊急アピール』が、市役所にて行われました。山川市長は「事故防止には思いやりを持った行動が不可欠。交通事故ゼロのまちに向けて協力して欲しい」と語りました。


市民生委員・児童委員委嘱状伝達および感謝状授与式

 12月4日、市社会福祉協議会にて、『市民生委員児童委員委嘱状伝達式及び退任民生委員児童委員感謝状授与式』が行われ、12月1日付けで66名の市民生委員児童委員が厚生労働大臣からの委嘱を受けました。あわせて、退任者のうち12名の方が委員活動をたたえられ、同大臣から感謝状が授与されました。


ダイバーシティでゆいまーる!

 11月16日・17日、イオンモール沖縄ライカムにおいて、スポーツイベント『WE LOVE SPORTS FES!』が行われました。本イベントは、オリンピック・パラリンピックの機運を盛り上げつつ、多種多様なスポーツの楽しみ方を県内に広くアピールする目的で開催。本市からも瓦割体験など、多数出展しました。


第36回とみぐすく祭り・第7回とみぐすく産業フェスタ(2019/11/9・10)

 11月9日・10日に「第36回とみぐすく祭り・第7回とみぐすく産業フェスタ」が開催され、会場は、市内外からの多くのお客さんで賑わいを見せました。山川市長は、市職員とともに首里城再建の寄付を呼びかけ、2日目には、本市出身のバンド「シベリアンスカンク」に市観光大使委嘱状の交付を行いました。




第55回沖縄県身体障害者スポーツ大会結果報告(2019/11/8)

 8月24日、9月14日、10月5日の3日間にわたって開催された「第55回沖縄県身体障害者スポーツ大会」において、見事上位入賞(総合2位)を果たした本市の選手団が山川市長へ喜びの報告を行いました。


第5回せせらぎ公園灯篭祭り(2019/11/2)

 豊見城総合公園広場とせせらぎ公園において、「第5回せせらぎ公園灯篭まつり」が開催され、山川市長は、点灯式セレモニーに参加しました。


NAHAマラソン・チャリティー基金贈呈式(2019/10/31)

 市役所において、「NAHAマラソンチャリティー基金贈呈式」が行われ、豊崎剣道クラブ、豊崎小学校ミニバスケットボール部、宜保ウィングスに基金が贈呈されました。


第41回県「少年の主張大会」最優秀賞および優秀賞受賞報告(2019/10/17)

 第41回沖縄県「少年の主張大会」において、見事最優秀賞に輝いた新垣悠さん(長嶺中学校3年)と優秀賞に輝いた蓑島実南さん(豊見城中学校3年)が山川市長と照屋教育長に喜びの報告を行いました。


行政改革推進審議会からの答申(2019/10/7)

 有識者等の外部委員で構成する「豊見城市行政改革推進審議会」から、山川市長へ「事業評価・改善検証」の答申が行われました。


豊見城産ちゅらとまとを使用したメニューを試食(2019/10/8)

 ファミリーレストラン「ココス豊見城店」オープンを記念し、豊見城産ちゅらとまとを使用したメニューの試食会が行われ、山川市長やJAおきなわ豊見城支店などの関係者、ちゅらとまとの生産者らが出席しました。


沖縄格闘技無差別級王者による表敬訪問(2019/10/2)

 10月2日、山川市長は、沖縄格闘技で見事無差別級王者に輝いた本市出身のロジカルエイジ(大城英治)さんによる表敬訪問を受けました。


「災害時における人員輸送及び資機材供給支援等に関する協定」調印締結式(2019/10/1)

 10月1日、市役所1階市民交流広場において、『「災害時における人員輸送及び資機材供給支援等に関する協定」調印締結式』が執り行われ、豊見城市と伊江島観光バス株式会社が締結を結びました。災害時における大型EV(電気)バスを使用した電力供給や人員輸送などの協定締結については、国内初となります。




根差部ベースナイン優勝報告(2019/9/30)

 9月30日、市役所において、野球のまち阿南少年野球全国大会で見事優勝を果たした根差部ベースナインが、山川市長と照屋教育長に優勝報告を行いました。


市長とマンゴーランチin伊良波小学校(2019/9/27)

 9月27日、伊良波小学校において、地産地消の促進を図るために、『市長とマンゴーランチin伊良波小学校』が行われ、市長ら関係者と伊良波小学校の児童たちは、JA豊見城支店や給食センターの協力により提供された豊見城産キーツマンゴーと給食を楽しみました。


高千穂町議員団と副町長による表敬訪問(2019/9/26)

 9月26日、姉妹都市の高千穂町から工藤議長をはじめとする議員団と藤本副町長が市役所を訪れ、意見交換会を行いました。


市民と市長のワク!ドキ!懇談会【市内認可外保育施設長】(2019/9/25)

 9月25日、市役所において、『市民と市長のワク!ドキ!懇談会【市内認可保育施設長】』が開催され、山川市長、小川副市長らが参加しました。 


ベスト・オブ・ミス沖縄大会事務局による表敬訪問(2019/9/24)

 9月24日、山川市長は、市役所でベスト・オブ・ミス(ミス・ユニバース)沖縄事務局と2019年ベストオブミス沖縄大会ミス・グランド・ジャパンのグランプリと準グランプリによる表敬を受けました。2020年もベスト・オブ・ミス(ミス・ユニバース)地方選考会沖縄大会が開催される予定です。





敬老祝い市長慶祝訪問(2019/9/23)

 9月23日、高齢者の長寿を祝福し、多年にわたる社会貢献と敬老思想の高揚を図るため、山川市長が市長慶祝訪問希望者宅を訪問し、お祝いのことばを送りました。


令和元年秋の全国交通安全運動出発式(2019/9/17)

 9月17日、市役所正面玄関前広場において、『令和元年秋の全国交通安全運動出発式』が行われ、山川市長ら多くの関係者が参加しました。「歩行者を 守る気づかい 思いやり」をスローガンに9月21日~30日まで秋の全国交通安全運動が実施されます。




敬老祝い市長慶祝訪問(2019/9/15・16)

 9月15・16日、高齢者の長寿を祝福し、多年にわたる社会貢献と敬老思想の高揚を図るため、山川市長が市長慶祝訪問希望者宅を訪問し、お祝いのことばを送りました。


市民と市長のワク!ドキ!懇談会【市内認可保育施設長】(2019/9/12)

 9月12日、市役所において、『市民と市長のワク!ドキ!懇談会【市内認可保育施設長】』が開催され、山川市長と小川副市長は、市内認可保育施設長と活発な意見交換を行いました。
市民と市長のワク!ドキ!懇談会の詳細については、こちらをクリックください。


第17回豊見城市児童・生徒オリンピック大会(2019/9/7)

 9月7日、市陸上競技場において、『第17回市児童・生徒オリンピック大会』が開催され、山川市長は選手達に激励のことばをおくりました。今大会は、陸上競技場改修後、初めての児童・生徒オリンピック大会になります。児童生徒達は、多くの観客が見守るなか、真新しいトラックで日頃の練習の成果を競い合いました。




令和元年度 安全なまちづくり推進協議会定例会(2019/8/30)

 8月30日、那覇市小禄支所において、豊見城地区安全なまちづくり推進協議会定例会が開催されました。協議会会長である山川市長が議長となり、議案審議の進行を行いました。


豊見城市幼保無償化情報センターTOMIコ~ル開所式(2019/8/30)

 8月30日、NTT西日本那覇ビルにて、『豊見城市幼保無償化情報センターTOMIコ~ル開所式』が開かれ、山川市長らによる挨拶のあと、関係者によるテープカットが行われました。幼児教育と保育の無償化に関する相談コールセンター設置は県内初の取り組みとなります。
特設サイトはこちらをクリックください!


市民と市長のワク!ドキ!懇談会【豊見城ニュータウン】(2019/8/29)

 8月29日、豊見城ニュータウン自治会にて、地域懇談会を実施しました。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
市民と市長のワクドキ懇談会の詳細については、こちらをクリックください。


豊崎クラブ九州ブロックスポーツ少年団バレーボール交流大会大会準優勝報告(2019/8/27)

8月27日、市役所において、見事第39回九州ブロックスポーツ少年団バレーボール交流大会で準優勝を果たした豊崎クラブが山川市長と照屋教育長へ喜びの報告を行いました。


しまくとぅば語やびら南部地区大会優秀賞・県大会出場報告(2019/8/27)

 市役所において、『しまくとぅば語やびら南部地区大会』で見事優秀賞に輝いた城間一華さん(伊良波小6年生)が、山川市長と照屋教育長に喜びの報告を行いました。


JA女性部子どもの居場所への手作り味噌贈呈式(2019/8/27)

 8月27日、市役所において、『JA女性部子どもの居場所への手作り味噌贈呈式』が行われ、本市の子どもの貧困対策として、運営費の補助を行っている市内5ヵ所の子どもの居場所へ、JA女性部より手作り味噌が寄贈されました。


令和元年度 第2回 男女共同参画会議(2019/8/27)


 8月27日、市役所において、山川市長は、市、市民、事業所、教育関係者の今後の取り組みや市長の考える男女共同参画について、市男女共同参画会議委員と意見交換を行いました。


市民と市長のワク!ドキ!懇談会【社会福祉協議会関係団体】(2019/8/27)

 8月27日、市役所において、『社会福祉協議会関係団体とのワク!ドキ!懇談会』が行われ、山川市長、小川副市長は社会福祉協議会関係団体と活発な意見交換を行いました。


JA共済オリジナル親子健康手帳ケース贈呈式(2019/8/22)

 8月22日、市役所において、JA共済地域貢献活動『JA共済オリジナル親子健康手帳ケース贈呈式』が行われました。平成29年度より贈呈が行われ、今年度で3年目となります。


市固定資産評価審査委員会委員選任証書交付式(2019/8/19)

 8月19日、市役所において、山川市長から市固定資産評価審査委員会委員に選任された久保以明氏に選任証書が交付されました。久保委員の任期は3年間となります。


沖縄県マンゴーコンテスト入賞報告(2019/8/6)

 『第12回沖縄県マンゴーコンテスト』において、最優秀賞(県知事賞)などに輝いた豊見城市内のマンゴー生産者が山川市長に入賞報告を行いました。


伊良波中学校女子バレー部・男女空手道部・陸上競技部優勝報告(2019/8/1)

 8月1日、市役所において、『第61回県中学校女子バレーボール大会』で優勝を果たした伊良波中学校女子バレー部、『第22回県中学校空手道選手権大会』で男子総合優勝などを果たした伊良波中学校男女空手道部、『第39回県中学校夏季陸上競技大会』で学校対抗女子の部優勝などを果たした伊良波中学校陸上競技部が、山川市長と照屋教育長へ喜びの結果報告を行いました。



 

ページのトップへ