ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  1. (住民票の異動届等)新型コロナウィルス感染症拡大防止に伴う住民票の異動届等について

(住民票の異動届等)新型コロナウィルス感染症拡大防止に伴う住民票の異動届等について

更新日:2020年09月23日

 例年、3月・4月は引越しに伴う手続きなどで市役所の窓口は大変混雑しています。
 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、転出・転入・転居等に関する手続きについて、現在の対応をご案内します。
 届出を急ぐ必要がない方は、混雑時の来所を避けて手続きにお越しくださいますよう、ご協力をお願いします(ただし、届出期限には十分にご注意ください。)。
 また、混雑により十分な待合スペースを確保できない場合もございますので、手続きをされる方以外の来所は可能な限りお控えくださいますようお願いします。
 手続きの処理にお時間をいただいている間(1時間以上)、外出することも可能です。処理が終わり次第ご連絡を差し上げておりますので、手続きのさいにお申し付けください。

転出届(郵送による手続きのご案内)

 転出証明書の交付申請書(郵送用)の様式をダウンロードの上、必要事項を記入していただき必要な書類を添えて、豊見城市役所市民課まで郵送してください。
 ●必要な書類
  ・転出証明書の交付申請書(郵送用) 
  ・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)の写し
  ・返信用封筒(転出証明書を郵送します。郵送先は現在住所もしくは転入予定の住所に送付します) 
   *マイナンバーカードをお持ちの方は、住基ネットによるデータ送信が可能のため、転出証明書を発行しない手続きができますので、
    返信用封筒は不要です。その際はマイナンバーカードの写しを同封してください。)
  *郵送による転出の手続きは本人のみの手続きとなります(代理人による届出はできません)。

転入届・転居届(届出期限の延長措置) *郵送手続きはできません

 転入・転居等の住民票の異動に関する届出は、異動日(引越し等の日)から14日以内に行う必要がありますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための取扱いとして、当分の間、14日を過ぎても通常どおり手続きをすることができます。
 ただし、一定期間を経過してお手続きいただく場合、その他各種お手続き(例:国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、児童手当、保育園、小中学校の転校など)に影響を及ぼす可能性もあります。詳細は各担当課へお尋ねくださいますようお願いします。
 また、マイナンバーカードをお持ちの方は、転出予定日から60日以内に転入手続きを行いマイナンバーカードの継続利用の手続きを行ってください(延長措置期限を経過した場合マイナンバーカードが失効となります)。
 *マイナンバーカードで転出届を行った場合、マイナンバーカードを必ず持参してください。
 *マイナンバーカードをお持ちの方は、継続利用の手続きを行いますので、忘れずに持参してください(期限経過後に失効の恐れがあります。)。

マイナンバーカードの継続利用(失効期限の延長措置)

 転出届を行ったが、転入届を行わなかった場合、お持ちのマイナンバーカードは転出予定日から30日を経過するとマイナンバーカードが失効されます。しかし、当分の間、失効期限を延長し転出予定日から60日以内であればマイナンバーカードの継続利用の手続きが可能となります。
 *また、転入届を行ったが、マイナンバーカードを忘れて継続利用の手続きを行わなかった場合、転入した日から90日経過するとマイナンバーカードが失効となります。


通常の異動届の案内に関するページ(リンク)

このページは市民課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0103   FAX:098-850-1701
問い合せはこちらから

ページのトップへ