Welcomeな思いで ハートがつながり みんなで彩るまち とみぐすく

  1. マイナンバーカードの申請方法と受取方法について

マイナンバーカードの申請方法と受取方法について

更新日:2022年02月17日


 マイナンバー(個人番号)カードの申請

(1)申請手続き

申請の方法(次のいずれかの方法で申請してください)

 ●郵送による申請 <外部リンク> 
 ●スマートフォンによるオンライン申請(QRコードが必要です) <外部リンク>
 ●パソコンによるオンライン申請(申請用WEBサイト) <外部リンク>
 ●証明用写真機(QRコードが必要です)
 ●申請サポートによる申請(窓口で職員が写真を撮るなどのお手伝いをしています)

 

 個人番号カード交付申請書(現住所等を記載したQRコード付の申請書)を、豊見城市役所 市民課で交付しています。

 <個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行/更新申請書>
 

マイナンバー(個人番号)カードの受取

(1)申請から約1ヵ月程度で、交付通知書兼照会書(はがき)が送られてきます(※大切に保管して窓口受取の時に持参してください。)。

 <交付通知書兼照会書>
 

 ※交付通知書兼照会書(はがき)を紛失された場合は、再郵送いたしますので、市民課までご連絡ください。
 ※発行状況の確認は、マイナンバーカード交付申請書受付センター(TEL0120−877−887)に問い合わせをお願いします(申請書ID番号をご準備ください)。また、市民課(℡850-0103)が代わりにお調べすることが可能です。

(2)豊見城市役所市民課で、必要書類を準備してマイナンバーカードを窓口で受け取りしてください

カード受け取り時に必要なもの(重要)
 ①交付通知書兼照会書(ハガキ)
 ※ハガキを紛失した場合、次の方法で代用することができます。
  方法1>通知カードを返納する(通知カードでハガキの代用になります)
  方法2>個人番号通知書を提示する(個人番号通知書でハガキの代用になります)
  方法3>顔写真付きの本人確認書類【※必須】と健康保険証を提示する(本人確認書類を増やす)
  方法4>交付通知書兼照会書(ハガキ)の代わりを再送付する(市民課にお電話ください。℡850-0103)
 ②本人確認書類(有効期限内のものに限る。「氏名+住所」もしくは「氏名+生年月日」が記載。原本。)
   例1>運転免許証、旅券、在留カード、身体障害者手帳等のうち1点。
  例2>健康保険証、年金手帳、学生証(顔写真付き:公立中高校大学校)、親子健康手帳(小学生以下のみ)、医療受給者証等)のうち2点
 ③住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
 ④通知カード(お持ちの方のみ:平成27年10月以降に各世帯に通知されています)
 ⑤マイナンバーカード(再交付をされるかたは、必ず返納してください。)

 
 <通知カード>

受取の案内チラシ(PDF) ※本人確認書類等を記載しています。参考にご覧ください。
マイナンバーカード受領書(PDF) ※来庁前に記入できます。
※15歳未満のお子様のマイナンバーカードを窓口で受け取る時の確認事項
 (1)窓口で受取をする法定代理人(親権者)が受取の署名をしてください。

 (2)窓口で受取の時は、必ず法定代理人(親権者)が同行して受取をしてください。
 (3)受け取るお子様のカードが複数ある場合は両面コピーしてご利用ください(自身のお子様分のみ(法定代理人のみ)。15歳以上の受取は1名につき1枚記入してください)。

(3)窓口で受取の時に暗証番号の設定を行います。

  ●署名用電子証明書(1)  → 「英字(大文字)」 と 「数字」 の組み合わせで 6桁以上16桁以下
  ●利用者用電子証明書(2.3.4) → 「数字」4桁
  ※簡単な数字の並びや、生年月日、電話番号など、推測されやすい暗証番号は登録しないようにしましょう。

(4)受け取りの注意事項

 原則、本人へ交付しますが、以下の場合、法定代理人が必ず同行して受取をお願いします。

 ※本人が15歳未満の場合

  ① (2)の書類
  ②法定代理人の本人確認書類もご持参ください。
  ③親権者を証明するため戸籍謄本の提出を求める場合があります(豊見城市に戸籍が登録されており、住民票で同一世帯である場合は省略可能)。

 ※本人が成年被後見人の場合

  ① (2)の書類
  ②法定代理人の本人確認書類
  ③成年後見人を証明するため登記事項証明書もご持参ください。

(5)代理人受取

 ご本人が障害や介護等よる寝たきり等のやむを得ない理由で、市民課にお越しになることができない場合に限り、代理人の方へ交付します。

主なやむを得ない理由

  ●長期入院(病院に入院して外出ができない)
  ●施設入所(介護施設や障害者施設に入所して外出ができない)
  ●県外出張(出張(単身赴任)しており)期限内に帰れない)
  ●介護状態(自宅で寝たきり等)
  ●障害(自閉症やパニック症等(※一例です))
  ●未就学児(小学校前の子ども)
 ※勉学(大学等)を理由とした代理受取は行っておりません。
 ※基本的に、1年以上住んでいる(予定)の場合は、住民票を異動していただいております。お住まいの市区町村窓口でマイナンバーカードを申請していただき、お受け取りください。

必要書類

  ①マイナンバーカード交付通知書・電子証明書発行通知書(裏面の記入)※ハガキ 紛失された場合は再通知しますのでお電話ください。
  ②やむを得ない理由を証明する資料(長期入院・長期出張・介護状態が分かるもの・医師等の診断書等)

   ●長期入院(入院していることがわかるもの・入院証明・入院手続きをした書類等)
   ●施設入所(介護施設や障害者施設に入所していることがわかるもの・入所証明・入所手続きをした書類)
   ●県外出張(会社名で出張(単身赴任)したとわかる書類・通知・辞令等)
   ●介護状態(介護保険者証【要介護】)
   ●障害(障害者手帳)
   ●未就学児(特に必要なし)

  ③本人の本人確認書類 合計2点
   (1)顔写真付の本人確認書類(身体障害者手帳等)・・・1点
   (2)健康保険証等・・・1点
  ④代理人の本人確認書類 合計2点
   (1)顔写真付の本人確認書類(例:運転免許証明・・・1点
   (2)健康保険証等・・・1点

  ◆その他
   本人の顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合は、顔写真証明書を作成して代用することができます。ダウンロードしてご利用ください。
   但し、以下の書類を使用する場合は、上記③(2)本人確認書類を1点追加して2点準備してください。 健康保険証に加え、介護保険証・公立学校の学生証・親子手帳(小学生まで)等
   (ア)顔写真証明書(施設長):PDF  ・・・ 【説明:入院・入所している方がご利用になれます】
   (イ)
顔写真証明書(法定代理人):PDF・・・ 【説明:15歳未満の方がご利用になれます】
     ※学生証等の顔写真は、公的手続きにおいて顔写真付の本人確認書類として認められていないため、法定代理人が(イ)の様式を作成してください。
   (ウ)
顔写真証明書():PDF     ・・・ 【説明:    】
(ア)
(イ)
 

(6)交付手数料

無料(初回発行時) ※更新時期による再交付や、券面記載部分がいっぱいになったことによる再交付も無料となります。
          ※紛失や焼失等による再交付は有料(1,000円)になります。

受取窓口及び時間

受取窓口

豊見城市役所 市民課(1階)  電話番号 098(850)0103
※休日・夜間のマイナンバーカード受け取りの予約もこちらからお願いします。
※平日の開庁時間(電話対応)は、8:30〜17:15となっております。

受取時間

平日(月〜金)  午前8時30分〜午後5時15分
休日・夜間 休日・夜間のマイナンバーカード交付<リンク>←日程を掲載しています。


 ※ 基本、土・日、祝日、慰霊の日(6月23日)、年末年始(12月29日から1月3日)は除きます。
 ※ 月に数回、土・日と夜間にマイナンバー交付のため市民課を開庁しております。ご予約のうえ受取手続きをお願いします。

 休日・夜間のマイナンバーカード交付<リンク>(電話予約のみ)

マイナンバーカードに関するページ

マイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構) <外部リンク>


このページは市民課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0103   FAX:098-850-1701
問い合せはこちらから

アクセスマップ

ページのトップへ