ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

離乳食について

更新日:2020年05月01日

離乳食とは

 離乳とは、成長にともない、母乳やミルクだけでは不足してくるエネルギーや栄養素を補う為に、母乳・ミルクから幼児食に移行する過程をいい、そのときに与えられる食事を「離乳食」といいます。
 生後6ヶ月頃になると、お母さんからもらって貯めていた鉄がなくなってしまい、貧血になりやすくなります。母乳やミルクに加えて、適切な時期に離乳食を開始するようこころがけましょう。

離乳食の開始時期

・生まれてから5〜6か月
・赤ちゃんの首がすわっている。
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すこと少なくなった。
などが、離乳食を開始するサインです。

離乳食のすすめ方




↑沖縄県小児保健協会離乳食資料2020.4(クリックするとPDFが開きます)



↑離乳食スタートから1か月のすすめ方の例

離乳食では、様々な食材の味や、舌ざわりなどを体験していく時期です。生活リズムを整えながら、ぜひ楽しみながら離乳食を進めて下さい。

個別離乳食相談

お子様の離乳食について、栄養士が個別相談を行っています。
離乳食のことで、わからないことや困ったことがあれば、お気軽にご連絡下さい。


このページは子育て支援課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0143   FAX:098-856-7046
問い合せはこちらから

ページのトップへ