ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  1. 令和3年度 高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

令和3年度 高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

更新日:2021年08月20日

令和3年度 高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

令和3年8月中旬から対象者へ『高齢者肺炎球菌ワクチン接種』の「予診票」の郵送を開始しています。『高齢者肺炎球菌ワクチン接種』を希望する方は、必ず事前に指定医療機関にお電話等で予約のうえ接種をお願いいたします。(新型コロナウイルスワクチン接種の影響で例年より遅れての郵送となっております。)

自己負担額・・・・3,000円(生活保護受給者の方は、免除となります。)

助成期間及び接種対象者

助成期間は、令和4年3月31日までで、市の助成を受けて接種できるのは、生涯1回です。1度でも市の助成を利用して接種した場合には、対象外となります。

接種対象者:豊見城市に住所を有し、次の 1~ 3 に該当する方。
1・対象者の生年月日
 昭和31年4月2日 ~ 昭和32年4月1日(65歳)
 昭和26年4月2日 ~ 昭和27年4月1日(70歳)
 昭和21年4月2日 ~ 昭和22年4月1日(75歳)
 昭和16年4月2日 ~ 昭和17年4月1日(80歳)
 昭和11年4月2日 ~ 昭和12年4月1日(85歳)
 昭和6年4月2日 ~ 昭和7年4月1日(90歳)
 大正15年4月2日 ~ 昭和2年4月1日(95歳)
 大正10年4月2日 ~ 大正11年4月1日(100歳)

2・60歳~65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活に制限がある方。

3・75歳以上で、市の助成を受けて肺炎球菌ワクチンを接種したことが無い方。ただし、過去に自己負担で接種した方はその接種日から、5年以上が経過していることが条件。

※市の助成を受けた方は、全額自己負担での接種は可能です。(全額自己負担の場合は、8,000円~9,000円。接種希望の方は医療機関へお問い合わせください。)
※対象者の方であっても、助成期間(令和4年3月31日)を過ぎた場合には、全額自己負担の接種となります。

実施医療機関

下記の一覧表データでご確認お願いします。(接種を希望する医療機関に必ず事前に電話等でご予約してください。)

令和3年度高齢者肺炎球菌予防接種受託医療機関一覧

※一覧表の医療機関のほか、沖縄県医師会加盟の医療機関でも受けられます。詳しくは予約の際に医療機関にご確認ください。

新型コロナウイルスワクチンと高齢者肺炎球菌ワクチンの接種間隔について

新型コロナウイルスワクチンと高齢者肺炎球菌ワクチンは、同時に接種できません。
※新型コロナウイルスワクチン接種は2回接種する必要があります。

例1:先に新型コロナウイルスワクチン接種を受ける場合
●新型コロナウイルスワクチン接種2回目(ファイザー社) → 14日以上あけて高齢者肺炎球菌ワクチン接種

例2:先に高齢者肺炎球菌ワクチン接種を受ける場合
●高齢者肺炎球菌ワクチン接種 → 14日以上あけて新型コロナウイルスワクチン接種1回目(ファイザー社)

このページは健康推進課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0162   FAX:098-850-5343
問い合せはこちらから

アクセスマップ

ページのトップへ