ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  1. 【小児】予防接種に関すること

【小児】予防接種に関すること

更新日:2020年10月29日

~新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ~
予防接種や乳幼児健診は、お子さまの健やかな成長のために一番必要な時期に受けていただくようお知らせしています。
特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になる危険性が高まります。
お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。
リーフレット(PDF)
遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省HP)

予防接種の種類、実施医療機関

定期の予防接種は、市が委託した医療機関で行う個別接種です。
予防接種ごとに、対象の年齢(月齢)になりましたら予診票を送付しますので、予診票が届きましたら同封された説明書を良くお読みのうえ、医療機関へ予約してください。
※対象年齢を過ぎると全額自己負担になります。
※転出した場合は、豊見城市発行の予診票は使用できません。
※転入者の方は転入前に受けた予防接種履歴を提出してください。予防接種履歴提出用紙(状況連絡票)(PDF)

実施医療機関

令和2年度実施医療機関一覧表(PDF)
※南部地区医師会加盟の実施医療機関一覧です。その他の地区でも接種できる場合がありますので、医療機関へお問い合わせください。

予防接種を受ける際に必要なもの

・予診票 ※対象年齢(月齢)の前月ごろ送付します。紛失などにより、お手元に無い場合は、再発行可能です。
・親子(母子)健康手帳

予防接種の種類


種類 対象年齢 接種回数・間隔・注意事項
ロタ
(令和2年10月1日より定期接種になります)
令和2年8月1日以降に生まれた、次に掲げる者

1価(商品名:ロタリックス)
出生6週0日後~24週0日後まで

5価(商品名:ロタテック)
出生6週0日後~32週0日後まで
2種類のワクチンがありますので、どちらかを選んでいただき、同一ワクチンで決められた回数受けてください。
詳しくは「ロタウイルスワクチン予防接種について」のページをご確認ください。
・1価(商品名:ロタリックス)
 27日以上の間隔をあけて2回接種
 ※初回接種は14週6日までに受けてください。

・5価(商品名:ロタテック)
 27日以上の間隔をあけて3回接種
 ※初回接種は14週6日までに受けてください。
ヒブ 生後2月~5歳 必要な回数は接種開始時期により異なります(1~4回)
※接種スケジュール(PDF)
小児用肺炎球菌 生後2月~5歳未満 必要な回数は接種開始時期により異なります(1~4回)
※接種スケジュール(PDF)
B型肝炎 1歳に至るまで 全3回
 ・2回目は1回目から27日以上あける
 ・3回目は1回目から139日以上あける
 ※標準として、生後2月~8月までに接種
4種混合
(DPT・不活化ポリオ混合)
生後3月~7歳半未満 全4回
 ・1期初回:20~56日の間隔をあけて3回接種
 ・1期追加:初回3回目終了後6月~1年半の間隔をあけて1回接種
 ※平成24年8月以降に生まれた方が対象です
DPT
(ジフテリア・百日せき・破傷風混合)
生後3月~7歳半未満 全4回
 ・1期初回:20~56日の間隔をあけて3回接種
 ・1期追加:初回3回目終了後6月~1年半の間隔をあけて1回接種
ポリオ単独 生後3月~7歳半未満 全4回
 ・1期初回:20~56日の間隔をあけて3回接種
 ・1期追加:初回3回目終了後6月~1年半の間隔をあけて1回接種
 ※平成24年9月1日より前に生ポリオワクチンを接種した方は、不活化ポリオワクチンを残り3回接種します。
 ※生ポリオワクチンを2回接種した方は、接種の必要はありません。
DT2期
(ジフテリア・破傷風)
11歳~13歳未満 全1回
 ※標準として、12歳になるまでに接種
BCG 1歳に至るまで 全1回
 ※標準として、生後5月から8月までに接種
MR
(麻しん・風しん混合)
1期:1歳~2歳未満
2期:小学校就学直前の1年間
全2回
 ・1期:2歳になるまでに1回接種
 ・2期:小学校就学直前の1年間(4/1~3/31)で1回接種
麻しん単独
(風しんに罹患済みまたは風しん単独ワクチンを接種済みの方)
1期:1歳~2歳未満
2期:小学校就学直前の1年間
全2回
 ・1期:2歳になるまでに1回接種
 ・2期:小学校就学直前の1年間(4/1~3/31)で1回接種
風しん単独
(麻しんに罹患済みまたは麻しん単独ワクチンを接種済みの方)
1期:1歳~2歳未満
2期:小学校就学直前の1年間
全2回
 ・1期:2歳になるまでに1回接種
 ・2期:小学校就学直前の1年間(4/1~3/31)で1回接種
水痘 1歳~3歳未満 全2回
 ・3月以上(標準として6月から1年)の間隔をあけて2回接種
日本脳炎 1期:生後6月~7歳半未満
2期:9歳~13歳未満
全4回
 ・1期初回:(標準として3歳になってから)6日以上(標準として28日まで)の間隔をあけて2回接種
 ・1期追加:(標準として4歳になってから)初回終了後6月以上(標準として1年)の間隔をあけて1回接種
 ・2期:標準として10歳になるまでに1回接種
 ※「平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ」及び「平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれ」の方は特例措置があります。詳しくは【日本脳炎予防接種について】のページをご確認ください。
子宮頚がん 小学校6年生~高校1年生まで 全3回(同じワクチンを3回接種)
 ・2価(サーバリックス):標準として、1月の間隔をあけて2回接種した後、1回目の接種から6月の間隔をあけて1回接種
 ・4価(ガーダシル):標準として、2月の間隔をあけて2回接種した後、1回目の接種から6月の間隔をあけて1回接種
 ※標準的な接種時期として、13歳になる日の属する年度の初日から当該年度の末日までに接種します。
 ※現在、積極的な勧奨(個別通知)を差し控えています。接種を希望する場合は、有効性とリスクを十分に理解したうえで接種してください。また、希望者には予診票を送付しますので、ご連絡ください。
小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版)
小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)

離島・県外で予防接種を受ける場合について

離島・県外で予防接種を受ける場合は、届け出が必要になります。下記「予防接種実施依頼書交付申請書」を記入のうえ、窓口または郵送にて提出ください。
※接種費用はいったん自己負担いただいた後で、基準に基づいて払い戻しいたします。
※依頼書がないと接種費用の払い戻しが受けられないだけでなく、万が一予防接種による事故があった場合に法律による救済措置が受けられなくなります。
・案内チラシ(PDF)
・予防接種実施依頼書交付申請書(様式第1号)(PDF)
・予防接種費用償還払申請書兼請求書(様式第3号)(PDF)

長期療養特例措置について

定期予防接種の対象期間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった等の特別な事情により対象期間内に定期予防接種を受けることができなったと認められる方については、定期予防接種の対象者として予防接種を受けることができます。
・案内チラシ(PDF)
・別表「対象疾病一覧表」(PDF)
・長期療養を必要とする疾病にかかった者等の定期予防接種実施申請書(様式第1号)(PDF)
・長期療養を必要とする疾病にかかった者等の定期接種に関する特例措置対象者該当理由書(様式第2号)(PDF)

予防接種再接種費用の助成について

骨髄移植手術などにより既に接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断され、任意で再度の予防接種を受ける者に対し、当該再接種に要する費用の全部または一部を助成します。
・案内チラシ(PDF)
・豊見城市骨髄移植等後のワクチン再接種にかかる費用助成対象認定申請書(様式第1号)(PDF)
・豊見城市骨髄移植等後のワクチン再接種にかかる費用助成に関する理由書(様式第2号)(PDF)
・豊見城市骨髄移植等後のワクチン再接種にかかる費用助成金交付申請書兼請求書(様式第4号)(PDF)

健康被害救済措置について

定期の予防接種を受けたことにより、重篤な健康被害が生じた場合は、その健康被害と予防接種との関連性を審査したうえで、その被害の程度に応じて以下の制度による補償を受けられます。
【予防接種法による対象者】
予防接種法による健康被害救済給付を受けられます。
【市独自の助成対象者】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構法または豊見城市予防接種事故災害補償規則(平成18年規則第26号)による健康被害給付を受けられます。

このページは子育て支援課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
TEL:098-850-0143   FAX:098-856-7046
問い合せはこちらから

アクセスマップ

ページのトップへ