ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  1. 療育(発達に遅れがある児童)相談・指導

療育(発達に遅れがある児童)相談・指導

更新日:2020年08月25日

発達障害者支援について                                                                                           
■発達障がいとは
 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障がい学習障がい、注意欠陥、多動性障がいその他これに類する脳機能の障がいがあって、その症状が低年齢において現れるものとされています。
■発達障害者への支援
 発達障害者の支援については、平成17年4月に施行された発達障害者支援法により、症状発見後早期の発達支援が行われること、発達障害者への就労支援、地域における生活等に関する支援、発達障害者の家族に対する支援を行うこととしています。

       発達障害(通常低年齢で発現する脳機能の障がい)


自閉症 アスペルガー症候群
●言葉の発達やコミュニケーションの障がい ●基本的に言葉の発達の遅れはない
●対人関係や社会性の障がい ●コミュニケーションの障がい
●パターン化した行動、こだわり ●対人関係や社会性の障がい
  ●パターン化した行動、興味や関心の偏り
  ●不器用(言語発達に比して)
学習障害(LD) 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
●読む、書く、計算等に障がい ●不注意
  ●多動、多弁
  ●衝動的に行動する
◇◇◇ お知らせ ◇◇◇

◎「発達障害者支援法」が改正されました。(2016(平成28年)8月1日)
 ◆発達障害者支援法の一部を改正する法律案について
    ( 発達障害情報・支援センター」へリンク 
 ◆発達障がい児(者)への支援を総合的に行う機関
    ( 「沖縄県発達障がい者支援センターがじゅまる」へリンク 

このページは障がい・長寿課が担当しています。

〒901-0292 沖縄県豊見城市宜保一丁目1番地1
電話番号: 098-850-5320(障がい福祉班・障がい支援班) 098-856-4292(介護長寿班) FAX番号: 098-856-7046(障がい福祉班・介護長寿班)
問い合せはこちらから

アクセスマップ

ページのトップへ