ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく

  1. 「秋の読書月間」が始まります【10月21日(木)〜11月28日(日)】

「秋の読書月間」が始まります【10月21日(木)〜11月28日(日)】

更新日:2021年10月22日

 10月27日〜11月9日は「秋の読書週間」です。それを踏まえ、図書館では「秋の読書月間」を実施します。

 読書月間の期間中は、図書館資料の貸出数上限を10冊→15冊に引き上げ、資料展示「はじめよう、SDGs」を行います。

 読書月間の期間 10月21(木)〜11月28日(日
  



   
↑「はじめよう、SDGs」の様子                    ↑投票しよう!あなたが今すぐ取り組みたい項目にシールを貼ろう

図書館行事のお知らせ

【大人のためのおはなし会】 おはなしの世界をゆっくり楽しむ、大人向けのおはなし会

 日   時  1114日() 14時30分〜15時30分
 定   員  20人(大人)
 語り手     城間里江(沖縄県子ども読書指導員) 石垣弘一(当館読み聞かせボランティア)
 申込み  10月14日よりインターネットや窓口にて申込み(先着順) ※電話受付不可
      申込みフォームはこちら(リンク)

その他の図書館イベント

 ■インターネットや窓口にて申込み(先着順)※電話受付不可

10月27日〜11月7日は「読書週間」

 終戦の2年後の1947(昭和22年)、まだ戦争の傷あとが日本中のあちこちに残っているとき、「読書の力によって、平和な文化国家を創ろう」と、出版社・取次会社・書店と図書館が力を合わせ、そして新聞や放送のマスコミも一緒になり、第1回「読書週間」が開かれました。
 第1回「読書週間」は11月17日から23日でした。これはアメリカの「チルドレンズ・ブックウィーク」が11月6日から1週間であるのにならったものです。各地で講演会や本に関する展示会が開かれたり、読書活動を紹介する番組が作られました。いまの10月27日から11月9日(文化の日をはさんで2週間)になったのは、第2回からです。
 第75回となる今年は、多数の応募の中から「最後の頁を閉じた 違う私がいた」が標語に選ばれました。


←公益社団法人読書推進運動協議会 リンク

家庭・地域における子どもの読書推進

 公益社団法人 読書推進協議会は、下記の4項目を「読書週間」のテーマとして掲げています。

 (1) 国民全てに読書をすすめる運動
 (2) とくに青少年に読書をすすめる運動
 (3) 読書グループの結成促進
 (4) 家庭文庫、地域文庫、職場文庫の充実

 本市では子どもが読書の楽しさに気づき、自ら読書を楽しむことのできる環境づくりを目標に「第二次豊見城市子供の読書活動推進計画(2019年度〜2023年度)」を策定しました。
 この計画に基づき、豊見城市の子どもたちが、たくさんの本に出会い、子どもたちの成長に応じた読書活動ができるよう、読書環境の整備に努め、家庭・地域・学校等が一層力を合わせて、読書活動の取組を行ってまいります。

 第二次豊見城市子供の読書活動推進計画(リンク)


このページは生涯学習振興課が担当しています。

〒901-0212 沖縄県豊見城市平良467番地1
電話番号: 098-850-3280(生涯学習振興班・中央公民館) 098-850-3591(社会体育班) FAX番号: 098-850-2374(生涯学習振興班・社会体育班・中央公民館)
問い合せはこちらから

アクセスマップ

ページのトップへ